乳児湿疹の原因を探ろう|子供を刺激から守る

母と子

きちんと知っておく

足

乳児湿疹の原因の多くは、汗や皮脂によるものです。丁寧に拭いてあげて保湿をしていけば、悪化することはないはずです。現在では、無添加で作られているなど、赤ちゃんに使っても問題ないものが増えています。原因によって違いますので、医療機関に相談することも忘れてはいけません。

もっと読む

赤ちゃんの肌トラブル対策

乳児

赤ちゃんの肌の仕組みとは

赤ちゃんの肌は大人の肌に比べて非常に薄く、その影響で外部からの刺激、ダメージをダイレクトに受けてしまう傾向にあります。つまり、それだけ乳児湿疹などの肌トラブルが頻発するということです。乳児湿疹と一口にいってもその種類には複数のものが挙げられます。例えば、出産からそう期間が経っていない赤ちゃんの場合、母親からの女性ホルモンの関係で皮脂の分泌が活発に行われます。この皮脂が毛穴や等につまりニキビや乳児湿疹に繋がっていくのです。この他、アトピーやアレルギー、ひっかき傷などの外的刺激が原因となるケースも考えられますが、多くは小児科や皮膚科などの医療機関を受診することが対処していくことが可能になっていきます。

湿疹は再発するのか

基本的にこうした乳児湿疹の原因には、母体からの影響、そして肌のバリア機能の弱さが挙げられます。つまり、こうした原因がなくなれば自然と症状は治まっていくということです。とはいえ、乳児湿疹の原因がアレルギーや体質的な問題であった場合には再発の可能性も十分に考えられます。特にアトピー、アレルギーの場合にはその原因物質が取り除かれない限り症状は続きますし、その都度医療機関での治療が必要になるのです。ただ、逆に言えばこうした医療機関での治療を徹底してれば、さらには原因物質を避けるように心がければ不快な湿疹に悩まされる危険もありません。乳児湿疹の可能性がある場合にはまず、専門の医療機関での治療を、そしてあまりにも症状が続く場合には個別にアレルギーの検査をしていくことも大切です。

赤ちゃんの湿疹を治す方法

赤ん坊

赤ちゃんの乳児湿疹は原因に合わせて治療を行う事が大切なので、普段から赤ちゃんの肌の状態を確認しておく事が大事です。乳児湿疹の原因として多いのが、皮脂による毛穴の詰まりと乾燥による肌荒れなので、肌を清潔に保ち保湿する事がオススメです。

もっと読む

清潔にして早く治す

眠る赤ちゃん

乳児湿疹は、体内のいらないものが出ていることが原因でもあり、清潔にしてあげ、病院でクリームをもらって塗ると早く治ります。また、母乳の影響も、少なからずあることから、母親も食事に気を付けるようにします。

もっと読む